青函連絡船は電車を積んで走ったのですか?

電車ではなく、貨車を積んで走りました。

この、船の中に線路を敷き、貨物を貨車ごと積んで走る方式を「車両航送」、または「貨車航送」と呼びます。

貨物は自分で乗り換えてくれないので、貨車ごと積み込むことにしたわけですが、人間(お客さん)はいったん駅で降りて、歩いて乗り換えてもらっていました。

摩周丸など津軽丸型連絡船は、ワム型(15トン積み)貨車換算で48両=東北本線の貨物列車1編成分=を積むことができました。

もちろん客車も運べ、一時期、寝台車を積んで走ったこともあります。客車の仲間である荷物車や郵便車、また、本州でつくられたり、北海道へ転属となった機関車や電車も運びました。

1924(大正13)年の翔鳳丸以降、青函連絡船として建造された船は、すべて車両航送船です。

車両航送の効果は絶大で、輸送力が飛躍的に増大しただけでなく、輸送経費は節減、貨物の損傷・誤積・海中落失などの事故もほぼゼロになり、また、積みおろし時間の短縮で貨物の輸送距離が拡大、北海道の鮮魚類が翌日までに関東・北陸まで運ばれるようになり、道内の水産業に大影響を与えました。